結婚に対する考え方の変化|地方自治体×エクシオ婚活パーティー

パーティーのご予約・お問い合わせはこちら050-5 531-9451

全国地方自治体×EXEOコラボ HOME > 婚活のお役立ち情報 > 結婚に対する考え方の変化

結婚に対する考え方の変化

結婚したいけれど良縁に巡り会えない、そもそも結婚願望が薄い、事情により結婚できないなど、結婚していない理由は十人十色です。女性の社会進出やライフスタイルの多様化に伴い、「結婚する意味がわからない」「必要性を感じない」という方が増えているのも現実。日本における結婚観は、時代によってどのように変化してきたのでしょうか。

結婚は親が決めるものでした

結婚観が多様化しつつある今、自分の意思で結婚することが当たり前になっています。
けれども、戦前の日本においては、結婚とは家同士の結びつきや子孫を残すためのものという意味合いが濃く、親同士が勝手に婚約者を決めてしまうことも少なくありませんでした。そのため、男女ともに年頃になれば「結婚するのが当たり前」という価値観を、無意識のうちに植えつけられていた、といえるでしょう。
また、親の許しがなければ結婚が認められず、無理やり恋人との関係を引き裂かれたり、駆け落ちを企てたりすることも日常茶飯事でした。結婚後も今のように簡単に離婚などできなかったために、夫婦が不仲であっても一生添い遂げることが当たり前とされていたのです。

職場結婚やお見合い結婚が主流でした

戦後になり、西洋の文化や思想が取り入れるようになった日本では、結婚について自由な考えが広がり始めます。結婚の時期や相手を自分の意思で決められるようになっただけでなく、「結婚しない」という選択肢も選べるようになりました。
一方で、結婚相手との出会いは、職場であることがほとんど。そのほかでは上司や親族を介したお見合いや知人の紹介によるものが多く、出会いの場はそれほど多くはありませんでした。また、婚前交渉も許されていなかったため、出会いから結婚までの期間は短かったと言われています。

見通しの明るい結婚ができた時代でした

日本では、1880年頃に仲人業が誕生したと言われています。その後、1986年に施行された「男女雇用機会均等法」によって女性の社会進出が進み、男女に求められる役割分担やそれまでの結婚観ががらりと変わりました。徐々に結婚相談所が各地に広まり、集団お見合いなどもあちらこちらで開催されるようになったのです。
昔と比べ未婚率は上がり始めたものの、終身雇用がスタンダードだった時代。雇用や収入の安定により、結婚に幸せを求める人が多かった、ともいえるでしょう。

バブル崩壊後の結婚観はどう変わったのでしょうか

1990年代はまだ、恋愛の延長線上に結婚があると考える人が多く、適齢期になれば結婚をするのが当たり前だと思われていました。その一方では、女性の社会進出やライフスタイルの多様化によって、徐々に恋愛と結婚を切り離して考える方が増えてきたのも事実です。女性でも仕事にやりがいを見いだして専念する方も多く、結婚を後回しにした結果婚期を逃してしまうjことも。そのため、誰もが同じように「結婚をするのが当たり前」という常識は崩れ、結婚の意志や願望があるかどうかも人によって大きく変わる時代に突入した、といえるでしょう。
その結果、誰かが出会いのチャンスを与えてくれる機会は大きく減り、自らが立ちあがり行動しないと結婚ができなくなってしまったのです。また、バブル崩壊や就職氷河期を経験してきた世代にとって、経済的な不安が結婚観にも大きく影響。経済力に自信のない男性は結婚しても共働きを望み、一方で専業主婦を望む女性が増えました。そのギャップが、さらに結婚を難しいものにしている、といえるでしょう。

婚活ブーム、その後の結婚観はどうなったのでしょうか

婚活ブームから数年経った今、さらに男女の結婚観が大きく変化しています。婚活が一般的になった一方で、結婚の必要性やメリットを感じない男女が急増中。独身生活の気ままさや自由を失いたくないと考える人も多く、「婚活をしてまで結婚をしなくてもよい」と考える人も少なくありません。また、インターネットの普及により「いつでもどこでも誰かとつながっていられる」時代だからこそ、昔ほど寂しさを感じなくなったともいえるでしょう。そのため、自然な出会いがあれば結婚してもよい、という気持ちから待ちの姿勢になり、晩婚化が加速しているのが現状。何のために結婚をするのかわからない、という方もいらっしゃるでしょう。
言いかえれば、多岐にわたる婚活サービスが提供されている今、自らが積極的に婚活することで、結婚への扉は開かれているともいえます。自分に合った婚活方法を見つけるために情報を収集し、一歩を踏み出す勇気が大切です。結婚が人生のすべてではありませんが、自分の将来や老後を考えるきっかけの一つとして、「婚活」を取り入れてみるのもよいでしょう。

9月30日(土)第1回 標津町×エクシオコラボレーションパーティー
10月15日(日)茨城県高萩市コラボレーションパーティー
10月21日(土)新潟県村上市様×エクシオのコラボレーションパーティー
10月22日(日)第二回目!!富田林市×エクシオコラボレーションパーティー
10月28日(土)平成29年度婚活まんまるバスツアー
11月18日(土)特別企画!!こだま地域モニターツアー♪
美深町セミナー研修会「婚活で成功する秘訣・1年以内に結婚しよう!」 レポート
婚活支援者養成セミナー
エクシオが選ばれる理由
© EXEO JAPAN All Right Reserved.